まんがざんまい

懐かしまんがブーム

子どもが生まれて今までのようには外出できなくなった分、家で過ごす時間が増えた。

とはいえ子ども中心の生活だから、手の込んだ料理を作ったり、読書にふけることは難しい…。

妊娠中は映画を見たりしたけど、今は二時間連続で自分の時間なんてとれない。

なにか他にすきま時間を活用できる楽しいことないかな~と考えたとき、思い当たったのがまんが!

まんがだったらさくっと読めるし、集中力もそんなにいらないし。

続きが気になるようなのは中断しがたくなりそうだから、昔読んで結末を知ってるのにしよう、と思って懐かしいまんがを借りまくってみた。

赤ちゃんと僕、魔方陣グルグル、スラムダンク、るろうに剣心などなど…。

充実した引きこもりライフ!

子どもが昼寝した30分とか、家事のひと段落の合間とかに、狙い通りにさくさく読める!

途中で泣いたらすぐ中断して、子どものところに駆けつけて…。

もう結果は知っているはずなんだけど、結構忘れていることもあったりして新鮮な感じ。

赤ちゃんと僕に関しては、育児中の今読むともう共感できることだらけで、新たな発見もいっぱい!楽しいんだけど、夢中になりすぎないところがいいんだと思う。

新規開拓もしてみる

懐かしいまんがは借りつくしてしまった感があったので、読んだことのないものも借りてみた。

一話完結のなら中断しやすそうだから、そういうのばっかり。

今は深夜食堂をレンタル中!お料理のまんがは毎日のごはんづくりのモチベーションにもなっていいな。

献立作りの参考にもできるし。

まんがのおかげで家での時間も楽しく過ごせるようになった。

これまであんまり家にこもることなかったから、どう過ごしていいかわからなかったけど、これで解決だ。

便利な世の中になったなあ

スマホで借りたいまんがを選んで送信したら、翌日とか翌々日には自宅に届く。

返却のときも電話一本で取りに来てくれて、家から一歩も出なくてもなーんにも困らない。

便利な世の中になったなあ!明細を見返して見たら、月に大体150冊前後借りて、一万円前後。

なんて安くて楽しい趣味なんだろ!次はなにをかりようかなー。

出産後の引きこもりライフのおともはまんがのレンタル!

懐かしいものからはじめましてのものまでよりどりみどり、家から出なくても選べて借りられて、便利な世の中になったなあ。

今年こそ作物は採れるのか

毎年挑戦するが

我が家はマンションなのだが、毎年ベランダに小さな植木鉢を並べて、何かを栽培することに挑戦している。

大体春に初めて、夏の前にはがっかりするという落ちが付いている。

世の中には緑の手と言われるいろいろな植物を栽培しては、うまく育てられる方がいらっしゃるようだが、我が家の夫は茶色の手と言っても過言ではない、大体の植物をほとんど枯らすことができる、誰でも成功しそうなえんどうやネギまでロクに育つことなく、昨年栽培したえんどうに実がいくつかついたのが我が家では大成功と言える、珍しく途中で枯れることもなくとてもうれしそうだった。

助かることにアロエだけは枯らしたことがない、アロエってとても強いのだと感心する。

今年はミニトマトで頑張ってみる

さて、件の夫が今年もホームセンターから、うれしそうにミニトマトの苗を買ってきた。

さっそく植木鉢に新しい野菜用の土を入れ、苗を植え、栄養剤たっぷりの水を用意し、まだ伸びていない茎を支える棒まで差し込んで張り切って毎日毎晩水やりをしている。

お日様が出ると日当たりを考えては植木鉢を移動させ、まめまめしいことこの上ない。

いつも思うが、やりすぎだよねえ、手をかけすぎて失敗するいい例だなと思うが、口に出すと余計意固地になるので放っておいている。

さて、どうなることやら

実は、苗を買ってきたときにはミニトマトには黄色いかわいらしい花がいくつか咲いていたのだ。苗としては大きな立派な苗だったので、今年こそはすぐ実がなるかと思っていた。

その花以外にもすぐたくさんの花が咲くのでは?と期待していたがその後なかなか他の花が咲いてこない。どうしたらこんな不思議なことが起こるのだろう?

どんなに失敗してももう少しは成長してきてもいいのではないだろうか。

それから2週間ほど過ぎたが、ちらほらと別の黄色い花が咲くようになってきた。

ほんとにちらほらだ。3個しか咲いていない。初めに咲いていた花は散って、小さな小さな緑色の実が成っていた。

もう少し大きくなっていても良さそうだが、いつも通りダメになる予感がしてきた。そして今日、うれしそうに水ナスの苗を植えている夫でした。

毎年ベランダで野菜を栽培する夫だが、ほとんど成功したことがない、今年はミニトマトに挑戦しているが、花がほとんど咲かない、いつものように嫌な予感がする。

多肉植物

多肉植物を購入するきっかけ

部屋のインテリアに植物が欲しいと思っています。

きっかけは行きつけのカフェがある通りのフラワーショップで取扱いがあり、通りがかりに店頭で見かけたことです。

その後、インテリア雑誌やインテリアショップなどで見かけることがあり、それ以来ずっと気になっていました。

幸いに部屋は南向きでベランダから晴れている日はさんさんと陽が入るので、日光を好むという多肉植物を育てるには適している環境だと思います。

葉が大きい観葉植物などひとつ置けばお洒落でかっこいいのですが、なかなか購入する気がおきないままでした。

多肉植物はサイズが小さく、水やりも月に2、3回ととても少ないので、育てやすい植物と感じています。

多肉植物を購入しました

部屋をいつもより丁寧に掃除し、いつものカフェへ寄ってからこの間ついに購入しました。

購入したのは、ベンケイソウ科シノクラッスラ属のインディカで、緑色がベースにうっすら紫のカラーが重なるように色づいている多肉植物です。

日光に良く当てて、乾燥気味に育てると良いとフラワーショップの店員さんからアドバイスをいただいた。

自宅に帰ってから、ちゃんと育てられる早速心配になってしまったが、取りこし苦労をしても仕方ないと思い、窓際に置いた小さなテーブルに置いてみました。

目標はいくつかの種類の多肉植物の寄せ植えで、いくつかのネットサイトや本などを参考にしながら検討しているが、まずは購入したインディカの成長を見守らなければと思っています。

それなので、朝出かける前や帰宅した時、休みの日は気が付くとじっとインディカを見つめていることが多くなりました。

それほど必要以上に気にかけたり世話を焼いたりする必要はなく、むしろ放っておくくらいが丁度良いとガーデニングが趣味の友人からアドバイスをもらったのですが、ガーデニングなどとは程遠い生活をしてきたので、植物が身近にあって育ってきた人とは感覚が全然違うのだろうなと感じました。

多肉植物の魅力は他に、渋い色味だと思います。

普通の花はとても華やかな色や形で部屋がぱっと明るくなったり、お庭なら緑の芝とは対照的なコントラストカラーが魅力だと思うのですが、多肉植物は色も形も比べると地味で、部屋のインテリアにもしっくりと馴染むのが魅力なのです。

じっくり、ゆっくりと見守りながらまずはインディカを大事に育てていきたいと思っています。

多肉植物を知るきっかけと購入した時の感じや、育て方についてアドバイスをもらったりしたエピソードを書いています。

植物を購入するのはほとんどない、初心者目線の日記です。

ハウジングパークで、家について楽しく学ぶ

今日は近所のハウジングパークに遊びに行ってきました。

まだ家を買う予定もないのに、夫が行きたい、と言い出したからです。

前を通りすぎるだけだと、それぞれの違いが分かりませんが、行って説明をきいてみると、結構面白いものでした。

見ると住みたくなってくる!モデルハウス見学

展示用のモデルハウスは、広くて工夫をこらしたデザインのものばかり。見応えがありました。

最も気に入ったのは、入り口にオープンでお洒落なカフェスペースのある家。

もしウチにこんな家を建てる余裕があったら…このスペースで小さなカフェを開きたいなぁ。

靴を脱いで上がってもらえて、小さい子どもや赤ちゃんを遊ばせるスペースがあって、育児で大変なママさん達がちょっとのんびりお茶できる。たまにクラシックの演奏会なんかもしたい。

自宅で開けば土地代がかからないし、家の光熱費の一部を経費で落とせるし、夫をオーナーにしたてておけば、赤字が出たぶんは収入からひけるから、節税にもなるはず…。

打算的ながら、夢が膨らみます。

説明をきいて、お勉強

それぞれ家では、スタッフさんが案内をしながら説明をしてくれたりするのですが、それを聞くだけでも、結構勉強になりました。

まずは、「家の燃費」。最近の新築はどうやら、断熱性と耐震性(免震、制震)というのが標準装備らしいのですが、家のつくりや断熱材の性能によって、光熱費が全然違うらしいのです。

そして、地盤の強度。今すんでいるま街は海の側ですが、海沿いの地というのは総じて地盤がもろいものらしいのです。つまり、基礎工事をしっかりしないといけない。

土地を安く手に入れられたとしても、基礎工事にお金がかかっては意味がありませんよね。

最後に、「塩害」。これまた海沿いの街の特徴ですが、海風に含まれる塩分で、家が侵食されるというのです。

だから、海沿いの家は木造の方が多いのだとか。鉄骨造だと錆びてボロボロになってしまうからです。言われてみたらそうだけど、なかなか気がつかないポイントです。

これまで、単純に、家を買うなら中古物件のリフォームが安上がり、と思っていましたが、色々な点を踏まえて考えないといけない、と分かりました。

子供へのサービスがすごい!

やはり、ハウジングパークは子連れで行く家族が多いせいか、ただ見学するだけでも、子供には色々なお土産がつきます。

トミカの玩具をつけてくれるところも。うちの子は、はとバスのミニカーをもらって大喜びでした。

公園の真ん中には人工のせせらぎもあって、子供を遊ばせる目的で行くのも、いいかもしれません。

ハウジングパークへ子供を連れて行ってきました。初めてでしたが、意外と楽しく見学でき、家についての知識も深まりました。

子供へのお土産ももらえて良かったです。

「多様生物シリーズ」を使ってみた

PureSmileのエッセンスマスク「多様生物シリーズ」は、ネットで調べてみたら、結構話題であるらしい。

何を今更?…というのは、友達からの誕生日プレゼントを、1年以上、何をくれたかきっちり確認もせず放置していたからで…友よゴメン。

何しろ、子供生まれてからというもの、自分のケアをする余裕が全くなく、最近になってやっと、少しフェイスケアでもしてみようかな、という気分になったのだ。

えっ?何これ…

「多様生物シリーズ」のパッケージを改めてみて、正直、ドン引き。

ヘビ毒ってナニ。ハチ毒って?クラゲにカタツムリ…。

あのぬるぬるが、うるおい成分だといいたいのだろうか?

えーと…つまり、そういうものに含まれている、特定の物質がお肌にいいから、それを入れてる、ってことだよね?

恐る恐る成分表示を確認…なんと。

本当に、そのものが、入ってるではないか。

えーえー?!コブラの毒?こんなの顔に貼っていいの?本当に、なんの影響もないの?

カタツムリのエキスとかも、正直、気味悪いんですけど。

使おうか、使うまいか。折角くれたのに悪いけど、私はこの友のユーモア精神を良く知っている。

これはきっと、ジョークのつもりで、是非使え、ということではない筈だ。

さて、どうしよう…?

思いきって、使ってみると…

かなり引いたが、折角なので、やはり使ってみることに。まずは「ヘビ毒」。

ドライヤーをしてる間に顔に貼り付ける。これ、ドライヤーによる乾燥を防げて一石二鳥なのだ。

子供が、目と口だけの母の顔にあからさまにぎょっ!としている。泣かれても困るので、にこやかに「おかあさん可愛いやろー」と言ってみる。

なんだか納得してくれたようで、良かった。「かわいい」とは言ってくれなかったけどね。

さて、あれだけ引きまくって起きながら、使ってみると、その効き目に2度びっくりだった。

めっちゃ、潤ってモチモチ!結婚前に戻った気がする(笑)

私はやや乾燥敏感肌なのだが、肌に染みたりもせず気持ち良く使えるのも、いい。

ネットでクチコミも見てみると、脂性肌にもいいらしい。オールマイティーなのか。なるほど。

次は「カタツムリ」を使ってみる予定だ。正直いうと、やっぱり少し気持ち悪い。

でもそれ以上に、効果が楽しみでもある。

友達がプレゼントしてくれたPureSmileのエッセンスマスク「多様生物シリーズ」を使ってみました。

含まれている成分にびっくり、かつドン引きしましたが、使用感も良く効果も実感できて良かったです。